ご高齢の方、障害をお持ちの方、女性や子どもにもやさしい事務所です

所属弁護士の紹介

 

所属弁護士一覧

   

東京きぼう法律事務所

 

東京きぼう法律事務所

【経歴】
1968年生まれ
1991年4月 中央大学法学部法律学科卒業
1991年10月 司法試験合格
1994年4月 東京弁護士会に弁護士登録
鈴木利廣法律事務所所属
1999年1月 樫の木総合法律事務所設立
2003年4月 社会福祉士登録
2005年3月 弁護士法人東京パブリック法律事務所赴任

2009年11月

〜2012年4月

東京弁護士会調査室嘱託(高齢者・障害者総合支援センター担当)
2010年8月 弁護士法人きぼう設立

2013年4月

〜2015年4月

東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員長
2016年8月 一般社団法人 子ども安全計画研究所設立(理事)


【活動・所属団体】
東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会 委員
東京弁護士会高齢者・障害者総合支援センター(オアシス)相談員

東京都介護保険審査会委員(2004年度〜2009年度)
東京都障がい者総合スポーツセンター指定監理者選定委員(2012年度)
東京都障がい者施策推進協議会委員(2013年度〜2014年度)
豊島区社会福祉協議会サポートとしま専門相談員 (2003年度〜)
豊島区権利擁護ネットワーク会議委員(2009年度〜2014年度)
豊島区障害者虐待対応機関連絡会議委員(2011年度〜2016年度)
文京区成年後見制度推進機関ケース会議委員(2012年度〜2014年度)
練馬区保健福祉サービス苦情調整委員(2013年度〜)
練馬区都市計画審議会委員(2013年度〜)
練馬区空き家等有識者会議委員(2015年度〜)

赤ちゃんの急死を考える会
医療問題弁護団
患者の権利オンブズマン東京
薬害エイズ原告弁護団

【著書・論文】
・「保育現場の『深刻事故』対応ハンドブック」ぎょうせい・共著
・「成年後見制度をめぐる諸問題」新日本法規出版・共著
・「成年後見の法律相談」学陽書房・共著
・「保育事故を繰り返さないために」武田さち子/著 赤ちゃんの急死を考える会/企画・監修
・「医療と子どもの人権(子どもの人権双書4)」明石書店・共著
ほか

【ひとこと】
保育施設や介護施設などでの重大事故に関わってきて、類似の事故が繰り返される現状に心を痛めています。重大事故予防の職員研修、事故予防に繋がる環境整備、職員体制など、日々の「小さなこと」を着実に実行し、コンプライアンスを高めることが、重大事故予防の王道であると感じます。利用者からの苦情対応にも第三者委員として関与し、これを「宝」として気づきに変え、改善につなげるお手伝いもしています。

【外部サイト・ブログ等】
『弁護士寺町東子が行く』

↑このページの先頭へ

【経歴】
1976年生まれ
1999年3月 一橋大学法学部卒業
1999年10月 司法試験合格
2001年10月 第一東京弁護士会に弁護士登録
2002年10月 東京弁護士会に登録替え
2008年4月 弁護士法人東京パブリック法律事務所赴任
2010年8月 弁護士法人東京パブリック法律事務所退任、弁護士法人きぼう設立


【活動・所属団体】
東京三会医療関係事件検討協議会委員
医療問題弁護団
HPVワクチン薬害訴訟東京弁護団
薬害肝炎弁護団
患者の権利オンブズマン東京
薬害オンブズパースン会議

東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員
日本弁護士連合会高齢者・障害者権利支援センター委員
豊島区社会福祉協議会サポートとしま専門相談員
中野区成年後見支援センター専門相談員
ほか

【著書】
・「事例解説 成年後見の実務」青林書院・共著・2016年
・「医薬品の安全性と法〜薬事法学のすすめ」エイデル研究所・共著・2015年
・「Q&A成年後見実務全書〈第1巻〉〈第2巻〉」民事法研究会・共著・2015年
・「薬害肝炎裁判史」日本評論社・共著・2012年
・「専門訴訟講座 医療訴訟」民事法研究会・共著・2010年
・「患者のための医療法律相談ーよりよい医療を実現するためにー」法学書院・共著・2010年
・「医療事故の法律相談」学陽書房・共著・2009年
 ほか

【ひとこと】
医療過誤、交通事故などの人身損害賠償請求事件や成年後見などの高齢者・障がい者に関する事件を多く取り扱ってきました。そのほか、不動産に関する事件、中小企業法務(法律相談、契約書チェック(英文も可)等)、家事事件(離婚・相続・遺言書作成等)を中心にお引き受けしています。依頼者の方の声を聞き、共に考えながら法的な道筋をつけるお手伝いをしたいと考えています。

↑このページの先頭へ

【経歴】
明治大学 法学部法律学科 卒業
明治大学大学院 法学研究科博士前期課程 修了(法学修士)
専修大学法科大学院 法務研究科 修了
2008年9月 新司法試験合格(新62期)
2009年12月 弁護士登録(東京弁護士会)
2015年5月 東京きぼう法律事務所入所(パートナー弁護士)


【活動・所属団体】
東京弁護士会 中小企業法律支援センター
東京弁護士会 高齢者・障害者の権利に関する特別委員会
ほか

【著作】
・「フロー&チェック企業法務コンプライアンスの手引き」(新日本法規出版)(共著)
・「弁護士のためのマンショントラブルQ&A〜基礎から事例まで〜」(第一法規)(共著)
・「成功する事業承継のしくみと実務(第2版)」(自由国民社)(共著)
・「起業と経営の基本知識がわかる本」(自由国民社)(共著)
・「同族会社・中小企業のための会社経営をめぐる実務一切(初版)」(自由国民社)(共著)
・「不動産有効利用の法務と税務」(新日本法規出版)(共著)
・「ビル賃貸借・管理の実務」(新日本法規出版)(共著)

【ひとこと】
従前よりの顧問先等事業者様関連の業務(法律相談、契約書チェック、労働審判、各種訴訟、組織変更手続等)や一般民事事件(不動産関係、各種損害賠償関係、破産関係その他)、家事事件(相続関係、離婚関係、成年後見その他)を主に取り扱ってきております。
また、税務分野とのクロスオーバーのサービスを心がけております。
これからも、ひとりひとりのご依頼者、ひとつひとつの案件に対して真摯に向き合い、ご依頼者の方々の紛争の防止・解決に尽力していきたいと考えております。

↑このページの先頭へ

【経歴】
1983年生まれ
2007年3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2009年3月 千葉大学大学院専門法務研究科修了
2009年9月 新司法試験合格(新63期)
2010年12月 東京きぼう法律事務所入所(東京弁護士会)
2012年2月 柏崎きぼう法律事務所を開設・赴任(新潟県弁護士会)
2014年7月 東京きぼう法律事務所に帰任
2015年4月 東京弁護士会人権救済調査室嘱託


【活動・所属団体】
東京弁護士会 人権擁護委員会
東京弁護士会 公設事務所運営特別委員会

豊島区 総務課法務専門員(2016年〜)
練馬区 社会福祉協議会 生活サポートセンター運営委員(2015年〜)
原子力損害賠償・廃炉等支援機構 相談員(2014年〜)

医療問題弁護団
患者の権利オンブズマン東京
原発事故被災者支援弁護団(東京)
福島原発被害救済弁護団(新潟)
南大塚ネットワーク会議
豊島法曹会 会員

【ひとこと】
これまで一般民事、家事、刑事、少年、借金の問題、高齢者・障がいをお持ちの 方が抱える問題等、幅広い分野の事件を扱ってきました。地域の皆さまが法律に 親しんでいただけるように、各種講演を通じて法教育にも取り組んでおります。 依頼者のもとに自ら赴き、あるべき法的解決に向けて依頼者とともに一歩ずつ進 んでいく、そんな弁護士を目指しています。

↑このページの先頭へ

 ※平塚崇弁護士は、2011年6月1日付けで法テラス下妻に赴任しました。
 ※三橋昌平弁護士は、2013年3月1日付けで法テラス佐渡に赴任しました。
 ※石田武臣弁護士は、2013年11月20日付けで当事務所を退所し,東池袋法律事務所を開設いたしました。
 ※杉岡麻子弁護士は、2014年6月23日付けで当事務所を退所し,東京はやぶさ法律事務所に移籍いたしました。
 ※浦ア寛泰弁護士は、2014年6月23日付けで当事務所を退所し,PandA法律事務所を開設いたしました。
 ※馬場望弁護士は、2015年4月1日付けで当事務所を退所し,のぞみ法律事務所を開設いたしました。
 ※田村剛志弁護士は、2015年4月1日付けで当事務所を退所し,新潟つばさ法律事務所に移籍いたしました。
 ※根本達矢弁護士は、2017年1月1日付けで法テラス可児に赴任しました。